柿の持つ力😊

今回はこれからの時期の風邪対策のお話✨


『柿が赤くなれば、医者は青くなる』というを聞いたことがありませんか❓

これは柿が実るような時期には食物が美味しくなり栄養状態も良くなるので、医者が暇になり困るというものだそうです。

柿の持つ力とは、ビタミンCがたっぷり❕柿1個を食べると1日に必要とされるビタミンC

100㎎が充足されちゃう程。

ビタミンCは免疫力を高める働きがあり、風邪予防には欠かせない栄養なんです。


      ☝ビタミンCが免疫力アップに良い理由

⭐ウイルスなどと戦う細胞を強くする ⭐抗ウイルスたんぱく質の分泌を促す

⭐粘膜のコラーゲンを作るのを助けて、外からの病原体の侵入を防ぐ

また、柿は漢方にも使われることも多く、その栄養から果実には、肺を潤すので咳止め、

二日酔い防止、利尿作用、新陳代謝作用、高血圧や動脈硬化予防、他にも止血作用、解熱作用、しゃっくり止め、しもやけ、虫刺されにもよく使われていたそうです。

それだけ万能な効果があったら医者いらずだったかもしれませんね。

今が旬にもなりますし、柿を温めて食べても良し、冷凍シャーベット状にして食べても良いそうです。

1日1~2個くらいなら過剰摂取にはならないので、楽しみながら食べてみてくださいね😄


ビタミンCの含有量

🍅柿1個(150g)105mg     🍎リンゴ1個(250g)10mg 

 🍊みかん1個(70g)23mg





5回の閲覧

最新記事

すべて表示

免疫力を上げましょう😊

冬場は感染症が増える季節です。空気の乾燥や寒さで体温が下がることで免疫力が落ちやすくなります。免疫機能は、体温が上がるとその機能が高まります❕ 免疫機能のためにも体温が下がらないように保ちたいところですが、体が冷えてしまう原因って何でしょう❓ ① 筋肉不足…筋肉量が少ないと熱を作り出す力が少なくなってしまいます。 ② 運動不足…血液のめぐりが悪くなり、熱を乗せた血液が全身を巡りづらくなります。 ③

🎍年末年始のお知らせ🎍

年末は12月29日(火) 午前中まで 年始は1月4日(月) 通常通り診療いたします。 師走を迎え何かと気忙しいと思いますが、体調には気を付けて 良い年をお迎えください😊

腸内細菌😊

寒くなってきましたね💦コロナやインフルエンザなど気になることが多くなってきました。今回は免疫力を高める腸内細菌のお話をしたいと思います❕ 腸は全身の免疫力をコントロールする役割を担っている大切な臓器です。 腸内細菌には、善玉菌が2割😄日和見菌が7割😐悪玉菌が1割😠います。 この日和見菌というのが状況によって良い菌にもなったり、悪い菌になったりと 『どちらにも変われますよ~🎵』という菌です

 

TEL: 043(463)7094

千葉県佐倉市ユーカリが丘2-1-7

©2020 ねもと整骨院