脱水症に気を付けて🌞



晴れていたかと思えば小雨が降ってきたりと

天気予報が当たらない日が続いていますね。



気温は変わらず高いままで

熱中症になる方が増えてきています💦



熱中症といっても実際にどのような症状が出るのか

知らない方も多いのではないでしょうか?




どのような症状が出たら危険信号なのか、

脱水チェックをしてみましょう👌



①爪を押した後、色が白からピンクに戻るまでに3秒以上かかる

②口の中が乾燥している

③舌の赤みが強い

④舌の表面に亀裂がある

⑤舌が白いものに覆われている

⑥皮膚に張りがない

⑦手足が冷たくなっている

⑧脇の下が乾いている

⑨おでこがくぼむ(新生児)

⑩血圧・脈拍・体温がいつもと大きく違う




2つ以上当てはまると脱水症状の疑いがあります⚠




人はじっとしていても呼吸や皮膚から

1日に約1000mlの水分を失っています😲


最低でも1日に1000mlの水分を取ることが必要です。

元気な人は2000mlの水分が必要です。

(水分で取る「飲んで1000ml」、食事で取る「食べて1000ml」)



脱水は静かに進行しますので

早め早めの対処がとても重要ですよ💪





ではどのように脱水を予防するのか?



①環境状況を把握しましょう

②水分だけ、塩分だけでなく両方をこまめに補給しましょう

 (喉が渇いてからでは遅いです)

③服装に気を付けましょう

④暑さに徐々に慣れましょう

⑤個人の条件(持病)や体調を考慮しましょう

⑥熱に弱い脳を守るため、氷枕を活用しましょう





私たちのカラダの半分以上は水分でできています。


水分の予備タンクとなるのが筋肉。

老化や運動不足で筋肉が衰えると水分の蓄えも

少なくなってしまいます😢


水は命の源であり、第一の栄養素ですから

症状が出る前にしっかりと予防をしましょう!


閲覧数:6回

最新記事

すべて表示